結婚式

花嫁衣裳の定番「ウェディングベール」

花嫁衣裳の定番「ウェディングベール」

結婚式を挙げるにあたって、ウェディングドレスに憧れを抱く女性は多いはずです。
花嫁衣裳にはいくつかアイテムがありますが、その中でもウェディングベールは定番の一つです。
ところでこのウェディングベール、どのような意味があるのでしょうか。
ここではこのベールの意味や選び方のポイントについて詳しく見ていきます。

ウェディングベールの起源

古代ギリシャ・ローマからのもの

ウェディングベールの歴史は古く、古代ギリシャからローマ時代にはすでに存在していたといわれています。
ベールには「魔除け」という意味があります。
大切な花嫁を魔物から守るためのアイテムで、古代ギリシャやローマでは、ベールのことを「穢れのなく清らかなもの」という意味でもちいていました。
ただし近年、その意味は徐々に変化してきており、親元から娘が旅立っていくにあたって「最後のお仕度」という意味合いが強くなっているようです。

ベールダウンの意味

ウェディングドレスを身につけ、チャペルのドアを開いたら、母親が娘に対してベールを下ろします。
そしてバージンロードへ送り出すことがベールダウンの儀式です。
花嫁が身支度をする「最後の仕上げ」という意味でベールダウンを行います。
そして、今まで大事に育て上げた娘を新郎のもとに送り出すのです。
いわば親御さんにとって、子育ての最後の作業とも称されます。
そして花嫁はこのベールダウンの儀式を受けながら、今まで育ててくれた感謝の言葉を伝えるのが一般的です。
多くの場合、父親と娘はバージンロードを一緒に歩きます。
それに対し、ベールダウンは母親と娘の行う演出として好まれる傾向が強いです。
ちなみにこのベールダウンの儀式のタイミングは式によって様々です。
式の直前に控え室で行うケースもありますし、チャペルのドアが開き、バージンロードを歩く直前に参列者の前で行われることもあります。

ベールアップの意味

ベールアップの意味
ベールを下ろした状態でバージンロードを歩き、神父の前に行きます。
そしてベールを再び上げて、そこで誓いのキスをするというのが一般的な流れでしょう。
先ほども紹介したように、ベールには魔物から花嫁を守るという意味があります。
しかし新郎と向き合ったときに、ベールは一つの障壁になっているとも解釈できます。
そこで新郎はベールをあげることで、この2人を隔てる壁を取り除くのです。
これは新郎と新婦の決意を意味します。
新郎にとってはこれから一生花嫁を愛す、そして守っていくという決意を、そして花嫁には、これから新郎とともに人生を歩んでいくという決意を表しています。

ウェディングベールの種類について

ウェディングベールの種類を理解しよう

ウェディングベールの種類について

ウェディングドレスとベールをコーディネートするのなら、ベールの種類を把握しておくとよりスムーズに衣装選びを行えます。
近年の日本の結婚式を見ると、フェイスアップベールの儀式が一般的になりつつあります。
これはプロテスタントの慣習で、こちらが日本では広まりやすかったといえます。
フェイスアップベールは楕円型やスクエア型のものが使われることが多く、これを途中で折り返します。
折り返し部分にコームがついて、それで顔を覆い隠すような形です。
先ほど紹介したベールアップやベールダウンの儀式は、この手のウェディングベールが用いられます。

もう一つがマリアベールと呼ばれるものです。
折り返しなどはなく、頭からすっぽりとかぶるスタイルのものです。
聖母マリアが身に着けていたことからこのように呼ばれるようになりました。
昔からの伝統のウェディングベールというとこれを指します。
顔の周りにベールのふちがちょうど来るようなレイアウトになるので、キレイで華やかに見えるのがメリットです。
しかし顔を覆うことがないので、ベールアップやベールダウンの儀式を行う場合、セッティングに工夫を凝らす必要があります。

ウェディングベールの長さも3種類ある

ウェディングベールの長さも3種類ある

ウェディングベールにはロング・ミディアム・ショートと大きく分けて3種類の長さがあります。
このうちのどれを選ぶかですが、まずはドレスやベールのデザインを考慮しなければなりません。
自分の好みで選んでしまうと、バランスがおかしくなることも考えられるからです。

ロングベールはドレスのすそよりも長くなります。
重厚で格式高い雰囲気を出すのに適しており、フォーマルな挙式を希望しているのであればおすすめです。

ショートベールは、ちょうど二の腕が隠れるくらいの長さのベールを指します。
レストランウェディングなど、花嫁はゲストの間を動き回る機会が多い場合などにおすすめです。
また、背中側に印象的なデザインが施されたウェディングドレスを選ぶ際にも重宝します。

ミディアムベールは、腰からお尻くらいまでの長さのベールのことです。
ロングとショートのいいところを兼ね備えた仕上がりになっています。
個性的なウェディングドレスでもうまくコーディネートできるのも、ミディアムベールの強みといえます。

このようにいろいろな種類があるので、自分のケースではなにが最適か検討しましょう。

 

【結婚式場・指輪をお探しの方におすすめ!】

マイナビウェディングはマイナビの公式結婚情報サイトです。

こちらのサイトからプロのコンシェルジュの無料相談を予約できます。来店なしで、無料のオンライン相談も可能です。

国内・海外の様々な結婚式場情報、婚約指輪・結婚指輪、ドレスやエステ、先輩花嫁の体験談など幅広い情報提供をしてくれます。限定プランや花嫁応援キャンペーンも充実。

ふたりだけの理想の結婚式を実現するために、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

<お得なキャンペーン実施中!>

マイナビウェディングを利用して、ブライダルフェアや結婚式場に来館、指輪ショップに来店すると、全員必ずお祝い金がもらえるキャンペーンを実施している時も!(※時期によって内容は異なります)ぜひチェックしてみてください。