結婚式

結婚式に華を添えるウェディングケーキ

結婚式に華を添えるウェディングケーキ

ウェディングケーキは、結婚式に欠かせないアイテムのひとつですが、結婚においてケーキは必需品というわけではありません。
にもかかわらず、なぜ結婚式の定番演目になったのでしょうか。

風習ができたきっかけや、人気のウェディングケーキの種類などについてまとめました。

ウェディングケーキの起源や種類

ウェディングケーキが始まったきっかけ

ウェディングケーキの起源や種類

ウェディングケーキの歴史は古く、一説によれば古代ギリシャ時代にもさかのぼるといわれています。
その当時、繁栄を祈願して花嫁の頭上に砕いたビスケットを撒いていたそうです。
当時の主食が小麦であったため、それを原料とするビスケットを撒くことにより、収穫や子宝に恵まれるようにという願いが込められていました。
花嫁の頭上で撒かれたビスケットのかけらには幸運が宿るとされ、参加者はこぞってかけらを拾い集めていたそうです。

さらに時代が進むと、ビスケットでなくスコーンを使ったり、豊穣を意味するぶどうの入ったパンやケーキが重ねて使われるようになったり、18世紀にはまだ高価であった砂糖をケーキにコーティングすることで豊かさ、繁栄の象徴としてシュガーケーキが登場するなど、時代によって変遷を遂げてきました。

そんな中、19世紀中ごろに執り行われたイギリス・ヴィクトリア女王のご成婚式に3段重ねのシュガーケーキが登場します。
その様子が民衆に伝えられると、その当時には砂糖が以前ほど高価なものではなくなったこともあり、広く「結婚式=3段重ねのシュガーケーキ」のイメージがもたらされたのです。

人気のケーキの種類について

ウェディングケーキと一口にいっても、さまざまな種類があります。
近年は、自分たちの個性を大事にしたい、とオリジナリティあふれるケーキを用意するカップルも多いようですが、ここでは人気の高い3種類のケーキをご紹介します。

まずは、やはり定番のフレッシュケーキです。
見た目も味も楽しめる、スポンジに新鮮なフルーツ、生クリームなどをあしらったものです。
生ケーキとも呼ばれており、まさにケーキの代表格といった存在感があります。
結婚する2人はもちろん、ゲストも楽しめるケーキといえるでしょう。

次に、先述のウェディングケーキの起源とも関連が深いシュガーケーキです。
3段重ねが基本であり、最下段は夫婦とゲストが食し、中段は出席できなかった人に配り、最上段は結婚記念日や将来、子どもが誕生した日に食べるという習慣が残されています。
もとはイギリスの伝統的なケーキで、表面をシュガー生地でコーティングしているため、長期保存に適しているのです。

また近年では、クロカンブッシュも人気です。
これは、たくさんのプチシュークリームをカラメルで固めて、ケーキのように見立てたスイーツとなっています。
見た目のインパクトやおしゃれさ、そしてケーキとまた違った味わいが、好評を博しているようです。

「ケーキ入刀」のはじまりと基本的な手順

「ケーキ入刀」の始まり

「ケーキ入刀」のはじまりと基本的な手順

ウェディングケーキをイメージする際、きっとケーキ入刀についても思い浮かべることでしょう。
もちろんこれにも、深い伝統があります。
ただケーキ入刀の起源については2つの説があり、実際のところは定かでないようです。

まずひとつは、ギリシャ神話が由来した説です。
神話の中では、愛し合う若いふたりが将来を誓い合ったとき、1つのパンを分かち合って永遠を誓ったと記されています。
これに由来して、同じく食べ物であるケーキを共同作業で切り分ける風習が始まったのではないかとされています。

そしてもうひとつは、偶然の産物として始まった説です。
かつてのアメリカで、新婦の母親がウェディングケーキとしてシュガーケーキを用意しました。
ですがそのケーキを新婦が切り分けようとすると、あまりに固くてカットできなかったのだそうです。
そんなとき、状況を案じた新郎がそっと手を差し伸べました。
そんな偶然に起こったやりとりが入刀の起源である、という説です。

ただケーキを切る作業にも、夫婦の仲を深める大切な意味が込められているのです。

基本的な「ケーキ入刀」の手順

ウェディングケーキへの入刀は、結婚式の中でも特に印象的な演出のひとつでしょう。
結婚を表現するためにケーキのデザインにイラストや写真がもちいられることも、少なくありません。

実施する手順としては、ウェディングケーキ登場ののちに、夫婦となる2人が大型のナイフを一緒に持ち、入刀します。
その後、最初のひと切れをお互いに食べさせ合うファーストバイトを行い、後程ゲストにも「幸せのおすそ分け」という形で振舞われます。

入刀の際には司会者が「夫婦となって最初の共同作業」というフレーズを言うのが定番となっています。
この先の長い人生、お互いに手を取り合い、協力し生きていくパートナーになったことを、結婚式という場で表明している大切な演出なのです。

ケーキ入刀にまつわる歴史や、その意味を理解することで、一生に一度の晴れ舞台をより一層印象深い1日にできるのではないでしょうか。