結婚式

人気の和婚とは?披露宴の演出などに和を取り入れる方法をご紹介

人気の和婚とは?披露宴に和を取り入れる方法をご紹介

日本の伝統的な婚礼衣装を着て結婚式を執り行いたい…そう考えるカップルに人気の和婚。和婚といえば、神社で結婚式を行うことをイメージする人が多いようですが、挙式は洋式で行い、披露宴のみ和式にするカップルも少なくありません。

今回は、和婚の披露宴とはどのようなものかご紹介していきます。和婚の会場の選び方、和婚の披露宴での演出や服装についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

挙式と披露宴の違いとは

和婚の披露宴とはどういうものか紹介する前に、「そもそも挙式と披露宴はどう違うの?」と疑問を感じる方もいらっしゃると思いますので、その違いからご説明しましょう。

  • 挙式…結婚の誓いを行い、神様の前で結婚の報告をする儀式
  • 披露宴…ゲストに新郎新婦をお披露目し、お祝いをするパーティー

形式を重んじる挙式に対し、披露宴は比較的、自由度が高いため、さまざまなアイディアをとりいれてオリジナリティ溢れるイベントを作ることが可能です。

和婚の披露宴とはどんなもの?

和式披露宴とは?

和式披露宴とは、一言で言うと「日本風のお披露目パーティ」のことです。新郎新婦の衣装、演出、料理などに和の要素を取り入れていれば、和式披露宴と言えます。

挙式を人前式や神前式などのスタイルで行った場合、そのまま披露宴に臨む場合が多く、特に西日本で多いスタイルと言われています。和装も洋装も着たいと希望する花嫁が、教会式の挙式でウェディングドレスを着用し、その後の披露宴は和式にして和装をお披露目するケースもあります。

和婚の披露宴での服装は?

和婚の披露宴では新郎新婦と親族は和装で臨むケースが主です。参列者の服装は正装であれば、和装・洋装どちらでも問題ありません。

新婦の衣装は主に白無垢、色打掛、引き振袖が選ばれることが多いです。少し変わったところでは、新和装や和ドレスを身に着ける場合もあります。

新郎の衣装は紋付羽織袴となります。黒の羽織袴が一般的ですが、色付きの羽織袴を選ぶ新郎も増えています。

それぞれの衣装について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

伝統的で神聖な純白の婚礼衣装「白無垢」
伝統的で神聖な純白の婚礼衣装「白無垢」近年、結婚式といえばウェディングドレスを着る教会式が定番でした。 しかし最近では、白無垢などの和装で行う神前式の人気が高まってきている...
華やかな婚礼衣装「色打掛」ってどんなもの?
華やかな婚礼衣装「色打掛」ってどんなもの?いざという時に知っておきたいニッポンのマナー。この記事では色打掛に関するマナーを確認しましょう。意外と知らない色打掛のマナー、あなたはどれくらいご存じですか?冠婚葬祭や季節の行事、ビジネスマナーまで、知って得する知識を「ニッポンのマナーと冠婚葬祭」がお伝えします。...
和装のフォーマルウェアである紋付羽織袴
和装のフォーマルウェアである紋付羽織袴結婚式の衣装といえば、女性がメインになることが一般的ではないでしょうか。 事実、多くの女性が結婚衣装に憧れ、大勢の人の前で華やかな花嫁...

和婚の披露宴会場の選び方

和式披露宴の会場の選び方

和婚の披露宴を行いたい場合、どのような会場を選ぶと良いのでしょうか?

おすすめは会場が和風テイストになっている専門式場やホテルを選ぶことですが、和風の会場を作ってもらうという方法もあります。会場内の装花をすべて和風にするだけでも和の雰囲気が出ます。敷地内に日本庭園や古風な建物がある結婚式場を選ぶのも良いでしょう。

和婚の披露宴の演出はどうする? ゲストも楽しめるものをご紹介!

披露宴での演出でも和式のやり方があります。洋式の演出は広く知られているものが多いですが、和式の演出は珍しいものばかり。ゲストもきっと喜んでくれることでしょう。

以下では、和婚の披露宴におすすめのユニークな和式の演出をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

キャンドルサービスを和風にアレンジ!

キャンドルサービスを和風にアレンジ!

お色直し後の定番演出といえば、キャンドルサービスですよね。和婚の披露宴では、そのキャンドルサービスを「鏡開き」にアレンジして行うケースがあるそうです。ゲストのテーブルに小さな樽と木槌を置き、新郎新婦が挨拶にまわってきた際に、鏡開きをしてもらうというものです。

そのほか、キャンドルの代わりに、ゲストのテーブルに小さな達磨(だるま)を置き、一つ一つに目を書いて回り、最後にメインのテーブルに置いた大きな達磨に目を入れるという演出をするカップルもいるそうです。

ケーキを巨大なちらし寿司やマグロで代用!?

ケーキを巨大なちらし寿司やマグロで代用!?結婚披露宴におけるメインイベント、ケーキカットも和式にアレンジすることができます。

抹茶のケーキにするといったささやかなアレンジのほか、大きなお饅頭や巨大なちらし寿司をケーキの代わりにするケースもあるのだとか。ちなみに、ちらし寿司のカットは、包丁ではなく、しゃもじで行います。

漁業が盛んな地域では、ケーキ入刀ならぬ「マグロ入刀」をするところもあるようです。大胆な演出に参列者も大いに盛り上がったことでしょう。

そのほか、新郎新婦の初めての共同作業として餅つきを行う場合もあります。ついた餅は小分けにされて参列者に配るのだそうです。

フラワーシャワーが折り鶴シャワーに!?

フラワーシャワーが折り鶴シャワーに!?

新郎新婦にゲストが花びらをまいて祝福するフラワーシャワーは、和式にアレンジすると折り鶴シャワーに。ゲストが披露宴当日までにたくさんの折り鶴を折って、サプライズ的な演出として行うこともあるようです。

鶴はつがいと一生を添い遂げるため「夫婦円満」をあらわす縁起の良い動物です。そんな鶴をふりそそぐようにまく折り鶴シャワーは、とても素敵な演出ですね。

ブーケプルズの代わりは扇プルズ!

ブーケプルズの代わりは扇プルズ!

披露宴ではなく挙式のメニューになりますが、人気のブーケプルズも和式にアレンジして行われるケースがあるようです。

ブーケプルズとは、ブーケに複数のリボンを結び付けてゲストに引っ張ってもらう演出のこと。1本のリボンだけがブーケにつながっていて、それを引き当ててブーケをもらった人が次の花嫁になれると言われています。

和婚の披露宴では、そのブーケを扇で代用する「扇プルズ」という演出があります。ブーケプルズに参加できるのは独身女性だけですが、扇プルズは末広がりの縁起物であるため、幸せのおすそ分けということで既婚女性でも参加できる点が好評です。

まとめ

今回は和婚の披露宴の衣装や演出についてご紹介しました。

この記事を参考に、自分たちらしい和婚の披露宴の行い方について考えてみていただけると幸いです。