結婚式

主役二人の付添人? ブライズメイド&アッシャーの役割とは?

主役二人の付添人? ブライズメイド&アッシャーの役割とは?

結婚式の際、花嫁や花婿の付近に立っている正装の数人組の存在に気付かれたことはありませんか?
彼らはそれぞれ、ブライズメイド&アッシャーと呼ばれる、言わば主役二人の付添人です。

海外の挙式ではスタンダードな存在として知られており、近年では日本国内の挙式にもブライズメイド&アッシャーを立てるケースが増えているようです。
彼らは具体的にどんな役割を担っているのでしょうか?

ここでは、ブライズメイド&アッシャーの起源や役割について詳しく紹介していきます。

ブライズメイド&アッシャーとは?

ブライズメイド&アッシャーの起源

ブライズメイド&アッシャーとは
昨今、日本の結婚式でも見られる様になったブライズメイド&アッシャー。
大まかな役割は「新郎新婦の付添人」ですが、その文化が生まれたのは実に数百年前と言われています。

発祥はヨーロッパとされており、元々は式中の二人をサポートする役割としてではなく、花嫁・花婿の影武者として置かれていたそうです。
なぜなら、中世のヨーロッパでは、悪魔信仰が根強く残っており、幸せ真っ盛りの花嫁・花婿は、悪魔に取り憑かれて呪いをかけられると言い伝えられていたから。
「同じ格好をした分身」を幾人も用意し、彼らに二人の身代わりをさせていました。

しかしながら長い年月を経て、ブライズメイド&アッシャーの役割は大きく変化。
現在では花嫁・花婿のサポート役として多くの結婚式に取り入れられています。

ブライズメイドとは?

ブライズメイドとは、「花嫁の付き添い人」のことを指します。
式中は立会人として常に花嫁の側に立ち、主役の一人である花嫁に華を添えます。

ちなみに、未婚者が望ましいとされていて、花嫁と年齢の近い姉妹や友人の中から選ぶのがしきたりとなっている様です。

アッシャーとは?

ブライズメイトの男性版、つまり「花婿の付き添い人」をアッシャーと言います。
ブライズメイド同様、幾人か同じ服装をしたアッシャーが花婿の側に立ち、世話係としてサポートします。

こちらもブライズメイド同様、基本的には未婚者が望ましいとされていますが、リーダーになる方の場合は既婚者でも問題はなく、花婿と年齢の近い兄弟や友人の中から選ばれるようです。

ブライズメイド&アッシャーの役割を知ろう

ブライズメイド&アッシャーは何をする人?

ブライズメイドとアッシャーの役割を知ろう
ブライズメイド、アッシャーは具体的にどんなことをするのでしょうか。

まず、結婚式の前にやるべきことは「挙式・披露宴の準備」からスタートします。
事前にプランナーと打ち合わせ、式中の立ち位置や動きなどについて決めるだけでなく、結婚式の二次会や、式場に置く小物の制作などを手伝うケースもあるようです。

次に、メインの役割と言える「挙式の進行」を担当します。
新郎新婦に先行してバージンロードを歩いて入場し、祭壇付近で新郎新婦を待ちます。
そして、挙式が終わるとブライズメイドとアッシャーがペアになり、新郎新婦に続いて退場するのです。

さらに、退場後もフラワーシャワーの演出を手伝ったり、ゲストの案内役、会場係としての役割を担うケースもある様です。

また他にも、ブライズメイドには花嫁のドレスやベールの裾を整えることや、指輪交換のときに花嫁のブーケやグローブを預かるなどの役割も持っています。
ちなみに、挙式前にバージンロードのカーペットを敷くのは、アッシャー独自の役割です。

ブライズメイド&アッシャーのリーダーとは?

ブライズメイド&アッシャーはそれぞれ2〜5名で構成されており、どちらも同じ数の人数に揃えるのがルールとされています。
そして、それぞれにリーダーを置くケースが多いようです。

ブライズメイドの場合はリーダーをメイド・オブ・オナー(既婚者の場合はマトロン・オブ・オナー)とし、アッシャーはベストマンと呼ばれています。

ちなみに、リーダーだからといって何か特別やるべきことがある訳ではありません。
しかし、どちらのリーダーも花嫁・花婿から近いところに立って両者のお世話をするので、より信頼できる方を選出するそうです。
さらに、リーダーに限って既婚者でもOKとされていますが、その他のブライズメイドとアッシャーは、原則未婚者から選ぶとされています。

ブライズメイド&アッシャーの服装

ブライズメイド&アッシャーはそれぞれ、花嫁・花婿と同じ格好をします。
つまり、ブライズメイドは花嫁のドレスと同じもの、もしくは同じ色で似た形状の服を着ることになります。
もちろん、アッシャーもタキシードやモーニングなど、花婿の衣装と同じ、もしくは似たものをそれぞれ着用するのが一般的です。

ちなみに、気をつけなければならないのは、ブライズメイド&アッシャーの衣装を「誰が負担するのか?」という点です。

日本では新郎新婦が衣装代を負担するケースが多いようですが、欧米ではブライズメイドとアッシャー自身が負担するのが主。
ただでさえ出費が多いイベントですから、どんな衣装にするのかをじっくり考え、コストを下げつつもクオリティの高い装いにすることを心がけましょう。

新郎新婦が各自持っている衣装の中で賄うなどの工夫をするのがオススメです。