結婚式

結婚式で欠かせないイベントのブーケトスとは

結婚式で欠かせないイベントのブーケトスとは

結婚式の中の演出として、定番と言えるブーケトス。
新郎新婦もゲストも当たり前のように行っているかもしれませんが、その行為には正式な意味があるのをご存知でしょうか?
ここではブーケトスの意味を紹介します。
今後結婚式でブーケトスをやりたいと考えている方は是非読んでみてください。

ブーケトスとは?

次の花嫁になれるかも?

ブーケトスとは?
結婚式の演出の中でもポピュラーなブーケトスは、花嫁の周りに未婚の女性ゲストを集めます。
そして花嫁はゲストに対して後ろを向いて、持っているブーケを投げる行為のことです。

新郎新婦の幸せをブーケに乗せておすそ分けする、という意味があります。
そしてそれ以上に、投げられたブーケをとれた人は次の花嫁になれるといわれています。
もちろんある種のおまじないですが、新郎新婦の幸せにあやかるべく、放たれたブーケを未婚の女性ゲストが取り合います。

ブーケトスの由来は?

ブーケトスが行われるようになった由来はいくつか説があって、まだはっきりしたことはわかっていません。
しかし、14世紀のイギリスではじまった風習というのが有力な説です。

当時結婚式のゲストの中で、花嫁のウェディングドレスを引っ張ったり、持っている小物を取ったりする行為が頻繁に行われていました。
これは花嫁の幸せに少しでもあやかりたいという思いから、このような行為が行われていたといわれています。

しかしドレスなどを引っ張られると、花嫁も体勢を崩して転倒してしまう恐れがあるので大変危険です。
そこでブーケを投げることで、その幸せのおすそ分けをするという習慣に変化していったようです。

男性に対するものもある?

ブーケトスというと女性ゲストに対して行われるものというイメージがあるでしょう。
男性の未婚のゲストには関係のないものと思うかもしれませんが、ブーケトスに似たようなイベントがあります。
それがガータートスです。

ここで使われるのはブーケではなく、花嫁の左太ももに着けたガーターベルト。
このガーターベルトを、男性のゲストに対して投げる演出のことです。

ガータートスは、まず新郎が新婦のスカートの中に入ります。
そして、手を使わずに口だけででガーターを取り去って、それを未婚男性のゲストに対して投げるというものです。
ブーケトスと比較すると少し刺激の強い演出です。

ブーケと同じように、ガーターをキャッチすることのできた男性は、次の花婿になれるといわれています。
親御さんや会社の上司など、目上の人もたくさん出席している中ではやりづらい、という方も多いのではないでしょうか。
日本では、ガータートスをする場合も新婦がガーターを外し、新郎が投げる場合もあるようです。
演出として取り入れたいときは、二次会などでこのガータートスを導入してみるのもいいかもしれません。

ブーケトスをするときの注意点

女性ゲストに配慮すること

ブーケトスには、「独身女性のゲストに対してブーケを投げることで幸せのおすそ分けをする」という意味があります。
しかし、近年は結婚に対する意識も人それぞれ。
結婚したいけれども残念ながらまだ叶わない人、結婚する気がない人、離婚をして今は独身など様々です。
それを一様に「独身」というくくりで集められ、次の花嫁になる、と見世物にされるのはあまり良い気分がしない人も多いでしょう。
価値観の押し付けと感じる人も少なくないようです。

そこで、ブーケトスを行うのであれば任意の参加にする、あるいは未婚・既婚の別なく全員参加してもらうなどの配慮をするといいでしょう。

花嫁の態度も重要なポイント

独身女性のゲストへの配慮と紹介しましたが、この時の花嫁の態度も重要なポイントです。
上から目線でブーケトスを行うと、やはりゲストの心証も悪くなります。

例えば「お先に失礼」のような言葉を発すると、不快に感じるゲストも出てくるでしょう。
実際この何気ない花嫁の一言で、後々問題になるケースもあるようです。

もしブーケトスを行うのであれば、受け取りに出てきてくれたゲストに対して「ありがとう」という気持ちを持つことです。
言葉に発しなくても気の持ちようで、それが態度に表れます。

トスする「花」にも注意!

トスする花にも注意
ヨーロッパでは、ブーケトスに使う花束は新婦が持っているものを使用します。
しかし、実際の花束はワイヤーで結ばれていたり、長持ちさせるための水入りスポンジが入っています。
それを投げるとなると、ワイヤーが当たったり、水が飛び散ったりと悲惨な事態を招きかねません。

万一の事態を避けるために、ブーケトス用の花束を用意しておくのがベター。
クラッチブーケのように、ワイヤーなどを使用せず、小ぶりなものが適しています。
必ずしも生花でなければならないというわけではありません。
ブーケトス用に造花で花束を作るのも良いですね。
実際、結婚式で使用する生のお花はそれなりの費用が掛かります。
費用面を見ながら検討してみるのも良いでしょう。

 

【結婚式場・指輪をお探しの方におすすめ!】

マイナビウェディングはマイナビの公式結婚情報サイトです。

こちらのサイトからプロのコンシェルジュの無料相談を予約できます。来店なしで、無料のオンライン相談も可能です。

国内・海外の様々な結婚式場情報、婚約指輪・結婚指輪、ドレスやエステ、先輩花嫁の体験談など幅広い情報提供をしてくれます。限定プランや花嫁応援キャンペーンも充実。

ふたりだけの理想の結婚式を実現するために、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

<お得なキャンペーン実施中!>

マイナビウェディングを利用して、ブライダルフェアや結婚式場に来館、指輪ショップに来店すると、全員必ずお祝い金がもらえるキャンペーンを実施している時も!(※時期によって内容は異なります)ぜひチェックしてみてください。