お祝い

様々なお祝い事で開催されるレセプションパーティー

様々なお祝い事で開催されるレセプションパーティー

ビジネスや社交のシーンにおいて、レセプションパーティーへのお誘いを受けたことがある人も、多いのではないでしょうか。

発表やお披露目、交流会において、たびたび催されるパーティーとなっています。
さまざまな業種やお客様などが招かれる会のため、マナーにのっとった服装でなければ、失礼にあたってしまうかもしれません。

詳しい特徴をまとめたので、参考になさってください。

招待されたレセプションパーティーによって服装は変えるべき

レセプションパーティーはどんなパーティー?

パーティーにもさまざまな種類がありますが、レセプションパーティーは公式の招待会として開かれます。
主催者は企業や団体などが多く、公式にゲストを招くといったもので、会場では食事や飲み物、異業種交流を楽しむだけでなく、新商品やサービスの発表、宣伝などがおこなわれます。

これにより、宣伝物の知名度を高めたり、メディアに取り上げてもらうことなどを狙っています。
とはいえ、参加する側はそうした目的以外に、社交の場として親交を深めようと考える方も多くいらっしゃるでしょう。
そのため、場にふさわしい、そして失礼のない服装やマナーが重要となってきます。

レセプションパーティーにおける服装のマナー

レセプションパーティーにおける服装のマナー

基本的に、レセプションパーティー専用の服装というのは存在しません。
ではどのようにして選べばよいかというと、それはイベントに合わせて変えるという方法です。

同じレセプションパーティーでも、主催や会場、またパーティーコンセプトに応じて雰囲気は変わってきます。
そのため、格式高いパーティーなら正装や準礼装を、比較的カジュアルなイベントなら略礼装をといった具合に考えておきましょう。

また格式だけでなく、服装やコーディネートを考える上でもう一点注目しておくべき点があります。
会場のキャパシティや規模の大きいパーティーでは、ドレスコードをもうけているケースが一般的です。
これはいわゆる服装のルールであり、参加者はこのドレスコードに従って適切な服を選びます。

では、格式が高いイベントなのに、ドレスコードはカジュアルといった場合はどうすればよいのでしょうか。

この場合、ドレスコードの方を優先しましょう。
どれだけ格にふさわしい服装であっても、周囲の雰囲気とはそぐわず浮いてしまうことになり兼ねません。
主催者側への配慮が欠けてしまうことはもちろん、個人としても恥ずかしい思いをすることでしょう。
かならず、ドレスコードを基準としましょう。

服装のコツ

レセプションパーティーは、あくまで主催や宣伝物の紹介などがメインとなります。
そして招待されたパーティーの参加者は、場を彩るオーディエンスのひとつとなるわけです。
そのため、いかに場に映えるふさわしい装いかという点が、重要になってきます。

コツとしては、ある程度トレンドを意識した、おしゃれでありつつも統一感を出すといった考えが理想的でしょう。
主催者側にとって参加してくれて嬉しい人、参加者たちにとって交流を深めたい人、そんな雰囲気をかもせると何よりです。
基本は守りつつ、参加者の印象に残るワンポイントを作る、ペアで参加するなら、何か共通のファッションアイテムなどを用意するといった工夫をすると喜ばれるのではないでしょう。

レセプションパーティーに出向く前に知っておきたいマナー

レセプションパーティーに応じて異なる服装マナー

レセプションパーティーに応じて異なる服装マナー
前述の通り、レセプションパーティーは発表や宣伝、社交の場となります。
会社やファッション業界、芸術関係の新作発表や、飲食業界の開店祝い、新店オープン、芸術系の個展や映画祭など、宣伝から発表、お祝いまでさまざまです。
そのため、ドレスコードに合わせることに加えて、企画に応じた服装マナーも重要です。

たとえば会社関係なら、華やかさよりも誠実さが重要となってくるでしょう。
なぜなら、パーティーという名目ではあるものの、仕事の延長線上に他ならないためです。
派手になりすぎるもの、露出の多いファッションなどは、のちの取引や人間関係にも影響してしまうかもしれません。

飲食系の場合、食事内容にこだわった会が多いのも特徴です。
そのため、並べられる料理の印象を壊さないよう、清潔感のある服装、スマートなシルエットなどが好まれます。
また万が一料理が飛んでしまったときのために、汚れても目立たないものを選ぶというのも重要でしょう。

反面、ファッション系のレセプションパーティーではしっかりおしゃれにもこだわりましょう。
センスの感じられない無難なスタイルは、通常でしたら問題はないかもしれませんが、ことファッションに関するパーティーの場合は避けた方がいいでしょう。

また、主催者が展開しているブランドものをひとつ以上は身につける、ということもマナーとなってきます。

服装以外のマナー

レセプションパーティーにおけるマナーは、服装だけに留まりません。

たとえば、時間。
基本的に、レセプションパーティーはそこまで時間に厳格でもありません。
開催中は比較的自由に出入りできるというのが一般的であるため、あまり堅く考える必要もないでしょう。
ただ、やはり遅くなり過ぎると、メインイベントに途中参加してしまう、交流の時間が減るといったデメリットにも繋がります。
タイムスケジュールを頭の中で想定して、余裕をもって行動したほうがいいでしょう。

またお祝い関連であれば、何かお祝いの品を持参することも大人としてのマナーであり、相手方にも喜ばれます。ご祝儀や品物、お酒など、こちらもパーティーに合わせて検討してみてください。
もらってすぐに飾れるアートや花、造花といったものなら、空間を盛り上げることもできるのでおすすめです。